タイのエステ

タイ古式マッサージ

 

対古式マッサージは一つのストレッチみたいなものです。

 

インドから始まっているのでアーユルベーダが取り込まれておりヨガのような様式が含まれています。
2500年と歴史は長くもとは病気を治すための施術だったそうです。

 

体のエネルギーラインが通っているセンを刺激、マッサージや施術者が押したり、引っ張ったり、伸ばしたりとストレッチの要素を加え、全身の筋肉を伸ばします。

 

痛みもなく世界で一番気持ち良いマッサージと言われています。

 

日本ではまだ知られていませんが本場タイではハーブを使ったタイ古式マッサージがあり、ハーブボールと呼ばれる薬草玉を使用し、ハーブの効果で体質改善が出来るそうです。

 

タイ古式マッサージの効果は血液やリンパの流れを良くするので肩こりや神経痛が和らぎ、体がリラックスします。

 

また眼精疲労やホルモンバランスを正常にし、手の冷えやしびれも改善します。

 

腹部に施術を行うと、便秘や肥満予防に効果があります。

 

また呼吸を改善する作用もあり体の酸化を防ぎます。

 

足に施術を行うと老廃物を排泄したり、エンドルフィンの分泌促進に効果があります。

 

慢性病の予防作用もあり、病気にならない体作りの手助けをします。

 

全身すべてに効果があるといっていいほどタイ古式は体の外側、内側に素晴らしい影響を与えます。

 

 

Comments are closed.